こんにちは

 

ユタカです。

 

最近、WordPressの記事を調べていると高速化が結構重要なテーマとして取り上げられていることに気が付きました。

 

WordPressの速度低下の原因とは

自分でも訪れたサイトのページ表示が遅いとイライラしてしまうことがあります。

これでは、せっかく見に来てくれた読者の方を失ってしまうことでしょう。

 

それに速度低下は実はSEOに悪影響を与えるのです。

実際に検索順位を決めているクローラーが効率的に巡回するにはサイトの高速化が必要なのです。

そのためにグーグルでもベンチマークを公表しているくらいです。

ここで一度ご自身のサイト表示速度を調べて見て下さい。

http://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

 

 

それはアフィリエイターとしては痛いですよね。

 

そこでまずは速度低下の原因を調べてみると・・・

 

アクセス数増加により、サーバー負荷が増加しページ表示か遅くなります。                                                                               ”THECACADEMY”

 

CSSやJavaScriptを使う際、それらを独立したファイルに記述しておき、HTMLから呼び出す方法がよく使われます。

しかし、外部ファイルを読み込むソースの記述方法や記述位置によっては、ウェブページの読込速度や表示速度を低下させてしまいます。                                              ”allabout デジタル”

 

 私のこのサイトは立ち上げたばかりなのでそれほどアクセス数はまだ多くはないのですがそれでもおかげさまで徐々に増えてきています。

もしかしたらそのうち速度低下の危機があるかもしれません。

 

速度低下を防ぐには

 それでは速度低下を防ぐにはどうしたらよいのでしょう?

 

外部CSSと外部JavaScriptについては後日、検証していきたいと思います。

今回はWordPressで使われているのでさまざまなプラグインの中からいくつかを紹介していきます。

 

 

プラグインの紹介

1.Head Cleaner

まず私が入れたのがこのプラグインです。

説明ではCSSとJavaScriptの容量をコンパクトにしてくれるそうです。

細かい説明はネットで調べていただいたほうが詳しく、設定方法なども紹介されています。

設定もネットで調べながら行いました。

インプレッションとしては結構体感的に早くなったような感じがします。

”googleDevelopers”では結果の相違はほとんど無かったです。

 

 

2. W3 Total Cache

これは高速化定番中の定番という高機能プラグインだそうです。

設定は英語の画面ですがネット上で設定を調べて行いました。

初心者と言う事で”Page Cache””Browser Cache””Database Cache”の三つを設定しました。

設定といっても三箇所にチェックを入れただけですが・・・

これは結構早いです。

 

上記の”googleDevelopers”で調べると

 

(導入前)

gD1.

 

 

(導入後)

 

 gD2

 

以上のように改善されてきました。

 

 

 3.Lazy Load

これは、サイトにアクセス時に画像の読み込みを最後にして、サイトの体感表示速度を早くするソフトだそうですが、自分としては表示の際に一旦引っかかるような感覚があったので削除しました。

 

以上が三つのプラグインを試してみたインプレッションです。

 

結果は

おススメのプラグインが         ”W3 Total Cache”

入れておいても良いかなと思えるのが   ”Head Cleaner”

私の場合必要の無かったものが      ”Lazy Load”

 

 

上記の結果はあくまでも私個人の意見です。

(尚、”Lazy Load”について補足しておくと、”W3 Total Cache”を入れている場合、

まれに正常動作しない場合があるそうです。

今回がどうかは分かりませんがLazy Load”が私の動作環境の中では体感が感じられなかった

ということですので悪いという意味ではありません。)

 

あなた御自身が試してみて結論を出してください。

 

本日も読んでいただいてありがとうございました。

 

最後にh4を教えていただいたまつしまさんに感謝します。

ありがとうございました。