正しいWP引越しの方法

 

前回はレンタルサーバー引越しを何も考えずに

 

行ってしまったらこうなりますと、

 

実体験をお話ししました。514794

 

 

 

失敗の原因は

 

①データーのバックアップを

 

取らなかった。

 

 

②ワードプレスの移動に関する

 

知識もないままFFFTPを使って

 

データーをダウンロードしてしまった。

 

 

この二点になると思います。

 

 

それではどうすればデーターの引越しを失敗せずにできるのでしょうか。

 

 

とっても簡単WPの引越し

 

そこで、ネットで調べてみました。

 

調べてみると、ワードプレスのプラグインで簡単にバックアップと引越しができるプラグインがある事を知りました。

 

以前は「Duplicator」と言うプラグインが多く使われていたそうです。

 

しかし、ちょっと不安定かな~と言うご意見も。

 

容量が多いと失敗する。(容量が多い場合、課金してね~と表示が出ます。)

 

 

 

おすすめは All-in-One WP Migration

 

私が今回使ったのは「All-in-One WP Migration」と言うプラグインです。

 

これは本当に簡単に引越しができるようになっているんです。

 

まずはプラグインを追加しましょう。

 

 

2017-02-27_09h34_15

 

 

 

左タブのプラグインを選択します。

 

プラグインのページが開いたら画面左上部のプラグイン新規追加を選びます。

 

 

プラグイン検索欄にAll-in-One WP Migrationと打ち込みましょう。

 

2017-02-27_09h37_09

 

 

 

 

検索が終了すると

 

2017-02-27_09h38_52

 

 

こんな感じでプラグインが出てきますので右上の今すぐインストールを押してインストールしましょう。

 

インストールが終了したらプラグインを有効化してください。

 

有効かすると左のタブに

 

2017-02-27_09h41_55 2017-02-27_09h42_35

 

 

All-in-One WP Migrationの設定が表れます。

 

2017-02-27_09h44_16

 

 

ここでExportを押すと

 

2017-02-27_09h45_58

 

上の画面が表示されますので緑の 「EXPORT TO」 をぽちります。

 

 

 

次にFILEをクリック。

 

2017-02-27_09h47_50

 

FILEを押すとあなたのブログのサイズを自動的に計算し始めます。

 

 

12017-02-27_09h50_50

 

 

 

ちなみに私のファイルサイズは191MBでした。

 

ここで下のクローズを押します。

 

次に左のタブに戻って

 

Backupsをクリックしましょう。

 

すると自動的に

 

2017-02-27_09h56_25

 

バックアップファイルが作成されますのでグリーンのボタンでダウンロードしましょう。

 

これでバックアップファイルがメデタク出来上がりました。

 

 

 

新しいサイトにデーターをインポートするには

次に出来上がったバックアップファイルを新しいサイトにアップしましょう。

 

①アップする前に、新しいサイトにWPをインストールしてください。

 

②新しいWPにプラグインAll-in-One WP Migrationを新規追加しておきましょう。

 

③All-in-One WP Migrationの左タブでインポートを選びます。

 

2017-02-27_10h04_46

 

 

この画面が出ますので、クリックして先ほどのバックアップファイルをインポートすれば終了です。

 

これであなたのサイトははれて新しいサイトから発信することができるようになりました。

 

簡単ですのでぜひ、お試しください。

 

ただし、「Duplicator」と同様に無料版では最大で「512MB」しかアップロードできません。

 

それ以上のファイルをアップするには有料になりますのでご注意ください。

 

 ワードプレスの引越し奮戦記(1)