仕事を辞めても生活出来る為に知っておきたいアフィリエイトの基礎知識

会社辞めるならアフィリエイトで独立目指せ

マイナンバー いつから始まる?副業がばれる?税金対策は?

読了までの目安時間:約 5分

 

アフィリエイトフレンズ

 

こんにちは

 

5_6832_10873_up_4N48P5GG

いよいよマイナンバーのスケジュールが発表になりました。

 

マイナンバー(共通番号制度関連法案)が10月5日に施行されました。

 

 

 

10月から順次、番号が記載された「通知カード」が市区町村から郵送されます。

 

実際に必要になるのは2016年1月から、給与計算や社会保障などの手続きで必要になります。

 

 

 

番号自体はコンピューターが無作為に決めたもので悪用されない限り、一生涯変更は出来ません。

 

なお、希望者は顔写真のついた「マイナンバーカード」を申請できます。

 

 

 

 

いちまたを騒がせているマイナンバー制度の疑問点は

 

副業がばれる?

 

これが現在一番の話題になっていますね。

 

報道によれば、副業でやっているホステスさんが話題になっていました。

 

 

でも、もっと心配なのが公務員の方や副業の禁止されているサラリーマンの方では無いでしょうか。

 

アフィリエイトをしている方も当然 戦々恐々 としているのではないでしょうか。

 

 

副業がばれる可能性は?

 

あなたの会社があなたのマイナンバーを必要とするのは行政機関に提出するためですので会社自体が情報を収集することは出来ません。

 

会社はあなたの通知カードに記載されている「12ケタの個人番号」「氏名」「住所」「生年月日」「性別」以外の情報を知る手段はありません。

 

しかしサラリーマンで副収入がある場合は、確定申告が必要になります。

 

多くの人が副業をしていることが会社にばれるのは住民税が原因となります。

 

住民税の支払いは、給与に副収入を合算した額が元になるので、税金の金額があまりに違うと会社に副業がバレる可能性があります。

 

その可能性を減らす案として下の確定申告をする場合の納税方法を参考にしてください。

 

 

注意しなければいけないこと(税金対策)

 

確定申告ですが、20万円以下だから申告しないというのは間違えです。

 

20万円以下でも、給与を支払う会社が経費で落とせばそこでばれてしまいます。

 

市町村の税務課は確定申告をしなければ、自動的に本業の会社に副業の住民税も通知されます。

 

20万円以下の場合は、住民税の確定申告だけすればよく、確定申告期限を多少過ぎてもペナルティーは生じません。

 

それが確定申告の期限後であっても、規則どおりに申告するようにしてください。

 

 

確定申告をする場合の納税方法

 

確定申告をする場合に、住民税を自分で納付することにすれば会社に確定申告分の金額は行かないはずです。

 

詳しくはお近くの市町村の税務課で確認してください。

 

お住まいになる役所の住民税担当者に連絡をとって、「バイト分のみ普通徴収(自分で納付)できるか?」「バイト分の収入は本業に連絡されないか?」を確認してください。役所の体制としてそれが出来なければ本業にばれます。

出典 副業(アルバイト)が会社ばれないためには?【年末調整・確定申告】OKWave

 

最後に

 

これから始まるマイナンバー制度。

 

必要な情報が少なく現在のところはこうだろうと言うことしかいえません。

 

情報の漏洩によっても制度が改革されるでしょう。

 

ただ、いえることは、漫然と税金対策をしないでいるとばれる可能性が高くなるのではないでしょうか?

 

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

ユタカ

 

 

 

 

タグ :     

アフィリエイト    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

最近の投稿

google-site-verification: google96e67f27aa7ad313.html