前回、真似る事がアフィリエイトで収入を得る為の近道だと書きました。

 

しかし真似る事は実際に自分で試して検証していかなければならないのでそれなりの時間がかかります。

 

 

 

そこでおススメなのが優れた教材を使ってアフィリエイトを学ぶことです。

 

教材はすでに発行者が検証した事を書いているので後はそれを信じて実行していくだけです。

 

ただし、重要な注意があります。

 

それは

 

 

教えられた事を素直に実行すること!

 

自分の考えで教材に何かをプラスしたりマイナスすることは教材の目的とするところから離れていってしまい、期待した効果が現れません。

 

 

ネットでよく聞くこの教材を使っても全然稼げなかった。

 

この教材は高いだけで何の役にも立たない。

 

 

なんてよく聞きますが、実は教材に書かれた以外の事をやってしまって自分から結果を放棄している人が大勢居るのです。

 

 

よく考えて下さい。

 

英会話の勉強をしているときにあなたは教えられたとおりに喋っていませんか?

 

あなたは自分の知っている単語をそこに入れて会話をしますか?

 

 

英語の場合は全く知識が無いので(一般常識も)素直に教材で教えている通りにすれば上達できるのです。

 

 

でも、アフィリエイトの場合はどうでしょう?

 

学んでいるときでも、サイトのレイアウトが気に入らないとかカラム数を変えてみたり、キャッチコピーも教材どおりに調べて使うことをしない。

 

自分の無駄な常識が入ってきていないでしょうか?

 

考えてみて下さい。

 

あなたに報酬が無いということはあなたはアフィリエイトに関して何の知識も無いのです

 

教材はそれこそ、商品の選び方やライバルの調べ方など発行者が実際に経験し成功したことを元に最も結果が出易いように作っているのです。

 

そこに何も知らないあなたが常識と思っていることを行ってしまったらどうでしょう?

 

せっかく結果が出やすいように作っているのにあなた自身がそれをこわしてしまったら。

 

 

優れた教材を探すには

 

どんな教材を選べばいいのでしょうか?

 

ネットを調べれば三ヶ月で100万円稼げるとか自動で稼げるなどなどおいしい言葉が出てきてついクリックしてしまう・・

 

そんなに簡単にアフィリエイトは稼げません。

 

まずは基礎から初めて三ヵ月後を目標にしましょう。

 

 

何も知らないあなたがアフィリエイトの荒波にもまれる前に学んで起きたいことを教えてくれる教材は?

 

まずは基本を一から教えてくれる教材を選びましょう。

 

レンタルサーバー、設定の方法、ブログのレイアウト、ASPの選び方と登録方法など基本がわかればそこからあなたにあったアフィリエイトを自分で考えることが出来ます。

 

注意することはあまりにも最初からすべてを完璧にやろうとしないこと。

 

さらっと一回流して勉強してみましょう。

 

最初からすべてを理解しようなんてしないこと。

 

 

二回目はわからない事を調べながらゆっくりと。

 

サイトを作り終わったら確認の意味でもう一度流しながら・・・

 

それでは初心者に優しい教材とは

 

最初に始めるのにはお金があまりありませんよね。

 

 

あまりにも最初からたくさんの知識は要らない!

 

 

それこそ、基本が大事だと思う!

 

 

そんなあなたにおススメの教材は

 

 わたしも使っていた

 

 

風花初芽。198ページのアフィリ革命。コンパクトな教材に、初心者さんへの限りない優しさと爆発力を凝縮。

 

とにかく優しい教材です。

 

風花

 

学ぶのはこれだけ。

 

さらっと呼んでしまえます。

 

 

でも、最初はこれで十分です。

 

まずはこれで三ヵ月後に三万円を稼げるようになりましょう。

 

コチラの特徴は楽天やアマゾンのアフィリエイトやクリック課金型は使わないことです。

 

楽天などのアフィリエイトはサイトのプレビューがそれこそ多くないと成功単価が低い為マインドにも影響します。

 

そこで、早く稼ぐ楽しみを覚えてもらうこと。

 

 

 

これがあなたが次にステップアップする為の一歩です。

 

そんな教材がこんな値段で提供してもらえるなんて驚きです。

 

どうか、一度内容をこちらで調べて下さい。

 

 

くわしい管理人のレビューはコチラから

 

 

 

 

 

 

風花初芽。198ページのアフィリ革命。コンパクトな教材に、初心者さんへの限りない優しさと爆発力を凝縮。

 

 

あなたが一日も早く成功しますように。

 

yutaka