仕事を辞めても生活出来る為に知っておきたいアフィリエイトの基礎知識

会社辞めるならアフィリエイトで独立目指せ

情報流出ウイルスに注意

読了までの目安時間:約 5分

 

アフィリエイトフレンズ

日本年金機構の情報流出が大きなニュースになっています。

 

流出した個人情報約 1,250,000件。

 

とうとう、政府としても対応を迫られて安倍首相自らが陳謝する事態になってしまいました。

 

また、官房長官は関係職員の処分を検討しているそうです。

 

 

 

一説には、機構の規則で必ずパスワードを設定するように決められていたようですが、実際には設定されず流出した情報が550,000件もあったそうです。

 

これは一方的に情報を管理していた関係者の責任です。

 

自身の職務意識を問われても仕方の無いことです。

 

 

でも、怖いのはウイルスの進化も飛躍的に進んでいてセキュリティー会社も対応に追いつかないそうです。

 

特に今回のウイルスは、日本年金基金だけでは無く他の企業や組織についても送られていたことが報告されました。

 

情報セキュリティで有名な「カスペルスキー」によりますと、感染したシステムは300箇所にのぼります。

 

 

うわさでは防衛産業にも入り込み内部情報が流出した形跡も発見されたそうです。

 

 

ただ、今回のウイルスはパソコンをある程度知っている人なら防げる可能性がありました。

 

今回、メールで送られてきた添付ファイルには、明らかにおかしい拡張子が使われていたのです。

 

先に、拡張子をご存じない方に説明しますと、

 

拡張子というのは、たとえば写真であれば「写真.jpg」や「写真.gif」などファイル名の後につく 「. xxx 」の部分をいいます。

 

ワードなら「doc」、エクセルなら「.xls」や「.xlsx」などです。

 

ですから、添付ファイルの拡張子を見ればそのファイルがどのソフトで使うソフトなのかとか、何のファイルなのかがある程度判断できます。

 

 

実は今回送られてきたメールの添付ファイルの拡張子が

 

 

「.exe」ファイルだったのです。

 

 

ご存知の方なら、この拡張子の添付ファイルはおかしいといっぺんで気が付くはずです。

 

 

なぜなら「exe」ファイルは実行ファイルといわれる拡張子で通常メールの添付ファイルでは使われません。

 

 

今回添付されていた「.exe」ファイルはそのファイルをクリックすると中のプログラムが起動してPCのシステムにウイルスを感染させるプログラムだったのです。

 

 

ただし、勘違いされては困りますので説明しておきますが、あなたのPCにも「.exe」の拡張子を持ったプログラムは沢山あるはずです。

 

何かのプログラムをインストールするときに使われるのが「.exe」ファイルだからです。

 

 

まとめ

 

ウイルスに感染しない為には

 

ウイルスソフトは必ず入れておくこと。

 

重要な情報にはパスワードをかけること。

 

不用意に添付ファイルを開かないこと。

 

添付ファイルについている拡張子までよく確認すること。

 

不審なファイルはセキュリティーソフト会社などのホームページで調べること。

 

他人のUSB等はきょくりょく使わないこと。

 

Windowsを常に最新の状態にアップデートしておくこと。

 

などがあげられます。

 

 

大切な情報が無いから大丈夫ではありません!!

 

あなたのPCから他の人に感染する可能性もあります。

 

あなたの大事なデーターが破壊されることも有ります。

 

 

どうか、今回の情報流出を他人事と考えずにあなた自身のPCやスマートフォンもセキュリティーがしっかり行われているか確認しておきましょう。

 

 

それでは本日も読んでいただいてありがとうございました。

 

yutaka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :

コンピュータ ウイルス ニュース    コメント:6

google-site-verification: google96e67f27aa7ad313.html